イラストでわかる心の仕組み

イラストで分かる心の仕組み:苦しみの源

[vc_row][vc_column width=”1/6″][/vc_column][vc_column width=”5/6″][vc_column_text]苦しみの本当の源は何かー?

ちょっと無理やりですが^^
「のび太くん」がセッションにやってきたと仮定して
心の仕組みを紐解いていきたいと思います♪

仕切り線

学校でジャイアンにマンガを取られたのび太くん。
ドラえもんに相談すると「いつも道具を貸してると君のためにならないからね」と、
ドラえもんは部屋を出て行ってしまいました。

のび太くんは大激怒。
そこでカウンセリングセッションを申し込むことに。

カウンセリング当日
のび太:「ドラえもんって、本当に冷たいやつないんです。
僕がこんなに困ってるのに、道具貸さないって意地悪言うんですよ。信じられないですよね。」
とのび太くん。

心の仕組み01

セラピストはそんなのび太くんの怒りに共感しつつ、
苦しみの源を探していきます。

セラピスト:「それはお辛かったでしょう。
ちなみにドラえもんの道具はのび太くんにとってどんなものですか?」

こころの仕組み

の:「え?そうだな。
自分を助けてくれるっていうか。。。
それがあればジャイアンをやっつけられるから。」

心の仕組み02

セ:「ジャイアンをやっつけられる、助けてくれるものですね。
それがないと自分がどうなってしまうんでしょう。」

心の仕組み03

の:「う。。。たった一人ぼっちで、
何もできない。。。涙」

心の仕組み04

セ:「その時の自分はどんな自分ですか?」

の:「力がない。
僕は蚊みたいな存在なんだ。」

心の仕組み05

セ:「その蚊みたいな存在は、
どうして自分をそう思ったのでしょう?

の:「なんだか….
僕はいじめられるべき存在だって感じがする(涙)
悲しい。。。
そうだ人生でずっとずっと怒られていた。
小さな頃からずっとのろまで、
ママにもパパにも、、、」

心の仕組み06

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

という感じで… 無理やりですけどね^^;

上記の内容をまとめると、のび太君は
「蚊のような何もできない存在だ」と信じていることが分かりました。

こういった自分に対する存在感を
「セルフイメージ」と言います。

そしてこのセルフイメージ(思考のフィルター)を通して、
物や人、出来事に対して意味づけを重ねています。

この場合、「蚊のような弱い存在」というフィルターを通して
物や人に意味づけを重ねるわけですね。

心の仕組み07

自分を弱い存在だと思っていれば、生き延びるためには当然
守ってくれる存在や道具に依存することになりますね。
また、ジャイアンに対して必要以上に脅威を感じライオンのように強く見てしまいます。

心の仕組み08
こうして自分の信じた世界観が投影され人生ドラマを作ります。

間違った自分に同化している時、ありのままの姿、ありのままの世界が見えません。
自分の存在の大きさとジャイアンの存在の大きさは明らかに違って見えてしまいます。

心の仕組み10

もちろん、自分を助けてくれるものがなくなったと感じている時、
そこには大きな不安や怒りがありますから、その感情に寄り添うことはとても大切なプロセスです。

「僕は小さい、何もできない、潰されそうだー。」
今まで見えていなかった声に十分寄り添っていきます。

心の仕組み 思いを抱きしめる

根本の恐怖や無念さを感じきってしまうと
今度はもう何も守るものがなくなっていきます。

感情が癒されていくと自然な受容が起きて、
見方も変わっていきます。

心の仕組み 受容

とか

など。

 

もし、自己愛をベースに世界を見ていたら、
ジャイアンと自分の存在感はいつも対等です。

現実的にはもしかしたら、のび太くんの握力は10で、ジャイアンの握力は30かもしれません。
喧嘩したら確かに腕力ではかなわないのかもしれません。
でもそこに否定がなく、「弱い私」というストーリーがつかなければ
自分の反応や苦しみは全く違うものになるでしょう。

心の仕組み12

出木杉くんから見たらジャイアンはただのジャイアン。
同じジャイアンに対して、違う見方をする人が必ずいます。
同じ出来事に対して、違う見方をする人が必ずいます。

苦しみの源は、出来事や他人そのものではなく、
自分の内側で信じていることです。

心の深い部分で信じている自分へのジャッジが変わると、
物事の見え方が変わり、自分の行動も変わり、
ひいては人生で築き上げるものも断然変わってきます。

道具に依存することがなくなったり、
ありのままのジャイアン、ありのままの自分自身が見えてきます。

「私」と「あなた」は対等になり、
被害者でも犠牲者でもなくなります。

「弱い蚊」として振る舞うのではなく、
肯定感があり自信に溢れていれば、結果的に相手も態度を変えるということは
現実的にもよく起こります。

心の仕組み11

さて、道具を得ることは全く悪いことじゃありませんが(私も欲しいっ笑)
仮に道具が手に入っても根本的な平和はやってきませんよね。

苦しみの本当の源を癒してあげることが
根本的な解決の道です❤︎[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row]