ワークをしても感覚がずっと残ってしまうーなぜですか?

「セルフワークをしていても、
ずっと感覚が残ってしまう。。なぜですか?」

「セラピーで随分楽にはなったけど、
なんか人生がハッピーではない。。。どうして?」

そんなご質問をいただくことがあります。

ワークを重ねてもネガティブな感覚が残ってしまう時、
考えられる理由は幾つかあるのですが
今日は特に大事な理由を1つご紹介したいと思います♪

 


感覚がずっと残っている時ー
それはハートからのメッセージかも


例えば、
自分のことを能力がない人間だとか
無力な人間だと思い込んでいて、
ずっと挑戦しないで生きてきたとしましょう。

すると「外に出たい」「自分を表現したい」という
ハートの衝動は一層高まってきます。

外に出たいよ!
自由にしてよ!
って感じで。

私たちが間違ったペルソナを着て、
自分のハートを無視した生き方をしている時
何かがおかしいという違和感が起きます。

セラピーによって和らぐのは
ショックやトラウマのエネルギーのみ。
ハートの情熱が消えることはありません⭐︎

だから、下手すると(?) 癒されれば癒されるほど、
現状への違和感が高まる場合だってあるんです。

ハートは
もっと自分が輝ける場所を求めているかもしれないし、
もっと自分を表現したいかもしれません。

ハートが望むことを
自分に許していない時には
違和感はアラートとなって続きます。

 

クライアントのAさんもまさにそんな例でした。
Aさんは、本当はプロの講師として活動していきたいと思っていましたが
サポート役だけをずっとやってきたのです。

自分は能力がないと思い込んでいて、
雑用くらいしかできないと決めつけていたのですね。
表舞台に出るにはふさわしくないと
自分を押し込んでいたのです。

でもハートは心底、「挑戦したい!」と叫んでいました。

そんな時、ハートを無視していたら
仕事に対する不満は高まるでしょう。

ハートの声に気付いたAさんは、
新たな一歩を踏み出し、最終的には独立されました⭐︎

 

そういうわけで、
私たちには
癒すべき感情と、
耳を傾けるべき感情があります。

 

癒すべき感情
傷ついた心の痛みです。

心の痛みは共感しいたわることが大切。
それはセラピーが助けになるでしょう。

 

耳を傾けるべき感情
ハートを無視している時の痛みや
自分らしさを抑えている時の痛みです。

それはセラピーによって解消するべき感情ではなく、
答えるべき感情だと思うのです。
自分らしさを尊重する必要があるし、
一歩踏み出すことが大きな癒しになります。

 

十分にセラピーをしても何か感覚が残っているなら、
それは「耳を傾けるべき痛み」なのかもしれません。

ハートはあなたに大切なメッセージを伝えているのかもしれませんよ⭐︎

「自分を生きて欲しい」、
「私を自由にして!」、
ってね。

その声に応えて、
「自分を尊重する!」と決断すると、
その瞬間から残っていた感覚は吹き飛んでしまいます。

本当の声に気付いたら、
前よりももっと充実した感覚で
日々を過ごせるようになっていきますよ♪

 

〜 お知らせ 〜

セラピスト・個人事業主 起業支援を始めます♪

・セラピストとしてやっていきたい
・自分の作品を発信したい
・自分の世界観を伝えたい
そんな夢を叶えませんか。

ブランディングからサイト作成まで完成する
スペシャルなコースを開催します。

楽しく笑いながら、仲間達と一緒にスタートしましょう♪

各回残席1名です
セラピスト起業塾 http://www.heart-branding.design/

 

イラストでわかる心の仕組み

イラストで分かる心の仕組み:苦しみの源

[vc_row][vc_column width=”1/6″][/vc_column][vc_column width=”5/6″][vc_column_text]苦しみの本当の源は何かー?

ちょっと無理やりですが^^
「のび太くん」がセッションにやってきたと仮定して
心の仕組みを紐解いていきたいと思います♪

仕切り線

学校でジャイアンにマンガを取られたのび太くん。
ドラえもんに相談すると「いつも道具を貸してると君のためにならないからね」と、
ドラえもんは部屋を出て行ってしまいました。

のび太くんは大激怒。
そこでカウンセリングセッションを申し込むことに。

カウンセリング当日
のび太:「ドラえもんって、本当に冷たいやつないんです。
僕がこんなに困ってるのに、道具貸さないって意地悪言うんですよ。信じられないですよね。」
とのび太くん。

心の仕組み01

セラピストはそんなのび太くんの怒りに共感しつつ、
苦しみの源を探していきます。

セラピスト:「それはお辛かったでしょう。
ちなみにドラえもんの道具はのび太くんにとってどんなものですか?」

こころの仕組み

の:「え?そうだな。
自分を助けてくれるっていうか。。。
それがあればジャイアンをやっつけられるから。」

心の仕組み02

セ:「ジャイアンをやっつけられる、助けてくれるものですね。
それがないと自分がどうなってしまうんでしょう。」

心の仕組み03

の:「う。。。たった一人ぼっちで、
何もできない。。。涙」

心の仕組み04

セ:「その時の自分はどんな自分ですか?」

の:「力がない。
僕は蚊みたいな存在なんだ。」

心の仕組み05

セ:「その蚊みたいな存在は、
どうして自分をそう思ったのでしょう?

の:「なんだか….
僕はいじめられるべき存在だって感じがする(涙)
悲しい。。。
そうだ人生でずっとずっと怒られていた。
小さな頃からずっとのろまで、
ママにもパパにも、、、」

心の仕組み06

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

という感じで… 無理やりですけどね^^;

上記の内容をまとめると、のび太君は
「蚊のような何もできない存在だ」と信じていることが分かりました。

こういった自分に対する存在感を
「セルフイメージ」と言います。

そしてこのセルフイメージ(思考のフィルター)を通して、
物や人、出来事に対して意味づけを重ねています。

この場合、「蚊のような弱い存在」というフィルターを通して
物や人に意味づけを重ねるわけですね。

心の仕組み07

自分を弱い存在だと思っていれば、生き延びるためには当然
守ってくれる存在や道具に依存することになりますね。
また、ジャイアンに対して必要以上に脅威を感じライオンのように強く見てしまいます。

心の仕組み08
こうして自分の信じた世界観が投影され人生ドラマを作ります。

間違った自分に同化している時、ありのままの姿、ありのままの世界が見えません。
自分の存在の大きさとジャイアンの存在の大きさは明らかに違って見えてしまいます。

心の仕組み10

もちろん、自分を助けてくれるものがなくなったと感じている時、
そこには大きな不安や怒りがありますから、その感情に寄り添うことはとても大切なプロセスです。

「僕は小さい、何もできない、潰されそうだー。」
今まで見えていなかった声に十分寄り添っていきます。

心の仕組み 思いを抱きしめる

根本の恐怖や無念さを感じきってしまうと
今度はもう何も守るものがなくなっていきます。

感情が癒されていくと自然な受容が起きて、
見方も変わっていきます。

心の仕組み 受容

とか

など。

 

もし、自己愛をベースに世界を見ていたら、
ジャイアンと自分の存在感はいつも対等です。

現実的にはもしかしたら、のび太くんの握力は10で、ジャイアンの握力は30かもしれません。
喧嘩したら確かに腕力ではかなわないのかもしれません。
でもそこに否定がなく、「弱い私」というストーリーがつかなければ
自分の反応や苦しみは全く違うものになるでしょう。

心の仕組み12

出木杉くんから見たらジャイアンはただのジャイアン。
同じジャイアンに対して、違う見方をする人が必ずいます。
同じ出来事に対して、違う見方をする人が必ずいます。

苦しみの源は、出来事や他人そのものではなく、
自分の内側で信じていることです。

心の深い部分で信じている自分へのジャッジが変わると、
物事の見え方が変わり、自分の行動も変わり、
ひいては人生で築き上げるものも断然変わってきます。

道具に依存することがなくなったり、
ありのままのジャイアン、ありのままの自分自身が見えてきます。

「私」と「あなた」は対等になり、
被害者でも犠牲者でもなくなります。

「弱い蚊」として振る舞うのではなく、
肯定感があり自信に溢れていれば、結果的に相手も態度を変えるということは
現実的にもよく起こります。

心の仕組み11

さて、道具を得ることは全く悪いことじゃありませんが(私も欲しいっ笑)
仮に道具が手に入っても根本的な平和はやってきませんよね。

苦しみの本当の源を癒してあげることが
根本的な解決の道です❤︎[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row]

今日の私が100点満点 102点理論

やりたいことがどんどん叶う:102点理論

[vc_row][vc_column width=”1/6″][/vc_column][vc_column width=”5/6″][vc_column_text]102点理論
かつて私は、パニックアタック、ADHD、慢性疲労があり、
仕事もこなせず、何も達成できず、
どうやって生きたらいいのか悩んでいる時期もありました。
そんな時、「ある思考法」をベースに生きはじめると
次々にいろんなことができるようになったんです。

結果、それまで何も達成できなかった私でも、

・セラピストとして活動できるようになった
・文章を書けるようなり、公開できるようになった
(子供の頃から作文が書けませんでした)
・WEB制作できるようになった
(過去に何度も挑戦したけどできませんでした)
・イラストやデザイン制作できるようになった
(これも同じ)

などなど。
次々にいろんなことをこなせるようになりました。

その「ある思考法」をまとめたものが「102点理論」 です。

やりたいことが無理なく達成でき、
問題や課題を着実に解決出来るようになります。

 


どうやるの?


102点理論は、実は単純。
「昨日の私」を100点満点にして、
ほんの少しだけ前進するという思考法です。

「今の私が100点だよ。」
「よく頑張ってる。」
「できることはやった。」という視点で受容し、
大切な自分のためにほんの少しだけ前進するというやり方。

つまり100点とは完璧度ではなく、
自己受容度を指します。


例えば


私はランニングが好きですが、
友人からよく、「走りたいけどなかなか始められない」
「やりたいんだけど辛そうだしー」と言われるんですね。

そういう人に
はまず、
「絶対走らなくて良い!と決めて
靴を履くところまでやってみて♪」と言っています。

「普段走っていない今」が100点満点だとすると、
靴を履くということは、110点くらいの負担だからです(笑)
だから靴を履いたらもう目標達成!笑 すごい!

 

でも靴を履いたら最後、走らない人はほとんどいません。
靴を履くというほんの2点の前進をこなすと、
今後は最初の1歩を踏み出すことがほんの2点になっていて、
すんなり走り出すことができるんです。

 

で、靴を履くのが150点くらいの負担に感じる人は、
可愛いシューズを選ぶところからやってみると良いと思います♪

そうやって助走している間にスイッチが入り、
新たな2点が加わっていくんです。

 

「今の自分」、「今できていること」がもう既に100点満点。素晴らしい。
その大前提で、ミニマムにできることを重ねていく。

これはランニングに限らず、あらゆることに共通します。

このスローステップを重ねていくと、気がつくといつの間にか
ビックステップをこなしてしまうんですね。
かつて「200点」だったことが楽々こなせるようになっています。

でも、ほんの少しの負担でいいので楽チンなんです。

 


I am OK 100点満点」で行こう


ただ単に2点ステップをこなしていくのと、
100点ベースで2点ステップをこなしていくのでは大きく違います。

ちなみに…かつて何も達成できなかった私ですが、
どちらかというと向上心が強く、
興味の持ったことはなんでも挑戦する人でした。

なのになーんにも達成できないんだこれが笑

なぜかというと、「赤点30点の自己評価」だったからなんです。


「32点」だと辛い・続かない


ここらで、赤点30点のときの弊害を考えてみますね。

自己評価30点ベースだと
まず理想の100点になるために
いきなりビックステップを課してしまうことがあります。

例えば、

太った私大嫌い!
毎日絶対5キロ走る!

というように。

「30点の私」が「100点の私」になるために、
いきなり「70点分の負担」を強いるようになります。
負担が大きく、ルールが重なれば重なるほどつらいです。

・朝5時に
・1キロ5分で
・毎日5キロ
・ノンストップで走りきる。

など。
あーもうやりたくない(笑)

 

もちろん!目標を掲げるってすごく大事です♪

でも、自己否定ベースに
高い目標を掲げれば掲げるほどギャップは大きくなり、
負担感は大きくなります。

大きな変化や負担は
無意識が許してくれません。
脳の機能としても、現状を維持するということはとても自然なことなんです。
だから、負担の幅がどれくらいあるのかは、大事。

 

私の場合、節約するぞ!と決めると買い物の衝動が増え、
ダイエットするぞ!と決めるとどんどん食欲が増えます(笑)


他人基準ではなく、自分基準が大事


普段3キロずつ走っている人にとって5キロ走ることはたやすいことです。
そういう時は2点負担です。
でも普段走っていない人が靴を履くのは10点!
それは大変な労力がかかります。

だから、出来事の凄さや一般常識は関係なし。

他人の業績や社会常識は一切無視して、
自分を軸にすることがすごく大事。

なので、既にできている人や、
プロの人と比べちゃダメ♪

既にできている人は、2点分を既に繰り返した結果であり、
プロの人は、2点分を死ぬほど繰り返した結果です。

もう既にできてる人にとってはそれは楽チンなこと。0点負担。
でも「今日の私」がそれをこなすのは10点の負担!!
それってすごいでしょ!

理想の状態かどうかの白黒思考より
どれだけ自分が負担を感じたのか、
どれだけ自分が頑張ったのか、いたわり思考でいきましょう^^


まとめ


今日の私が100点。

無理なく、負担なくできる第一歩を自分にやらせてあげよう。

一歩踏み出したら102点をお祝いしましょう。

それがたとえ、靴を履くという小さな一歩でも^^[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row]

ありのままをOKに

ありのままの自分を許したら成長しなくなりませんか?

[vc_row][vc_column width=”1/6″][/vc_column][vc_column width=”5/6″][vc_column_text]「ありのままの自分をOKにしたら、ダメな状態で甘んじるんじゃないかって思うんです。

そうなると成長しなくなったり、わがままになったりしませんか?」

そんなご質問をいただくことがよくあります。

例えば、
「太ってる私でOKだったらどんどん太っちゃいませんか?」
「
お金の不安がなくなったらどんどんお金を使っちゃいませんか?
」
「だらしない私でOKだったら家事とか掃除しなくなりませんか?」
などなど。

 

そんな時にオススメなのが、
自己愛が高かったらどうするだろう
と問いかけてみること。

今悩んでいるテーマに対して、
もし自己愛が高かったら自分はどう行動するのか?
それを想像してみると分かりやすくなります。

 

例えば、
健康を害するほど体重オーバーしていたらどうでしょう?
自己愛が高ければ
健康な食事をしたり、
ダイエットをするでしょうね。
自分が大切だからこそ、愛ある「挑戦」を選びます。

 

また、自己肯定感が高ければ
痩せてるかどうかより、心地いい体重を大事にすることもあるでしょう。
自分が大切だからこそ、愛ある「現状維持」を選びます。

 

ところで、私たちの行動をざっくりと分けたら、
この「現状維持(ありのままの尊重)」か「変化(行動や挑戦)」の2パターンです。

 

愛情から「変化」を選ぶときは、
問題に真摯に向き合い、
前向きに課題に取り組んだり、
工夫したりして乗り切ります。

逆に、
愛情から「現状維持」を選ぶ時は、
そこには自分に対する自信や、
優しさ、いたわりがあるんですね。

今日は部屋が汚いけど、
自分の体を休ませてあげよう!という感じで。

 

愛情から「変化」か「現状維持」を選ぶときはとっても楽です。
しかもパワフルで物事が前進していきます。

 

で、逆に「自己愛が低かったらどうするのか?」も考えてみますね。

実は、自己否定がベースだからこそ
愛のない「現状維持」を選ぶこともあります。

例えば、本当はアルコール依存の問題があるのにうやむやにしてしまったり、
DVなど不幸な関係を続けてしまうということもあるでしょう。
自己卑下からやりたいことを挑戦しないということもありますね。
愛のないあきらめは、「どうせー」とか「面倒臭い」といった言葉がくっつき、
結局のところ執着でいっぱいです。

否定感があるから成長できるとは限らず、
むしろ「現状維持」を選ぶことだってたくさんあるんです。
(私はそうでした^^)

 

一方で、自己否定から愛のない「変化(行動)」を選ぶこともありますよね。
本当は体が限界なのに、掃除するべき!人の役に立つべき!とムチうったり、
自分がダメ人間だからと試験や資格に追い立てたり。
失敗した時の自分責めも辛いものがあります。
(私はそうでした2^^)

愛のある「変化」は楽ですが、
愛のない「変化」は辛いです。

 

こうやってみてみると、
自己受容が高くても低くても
「変化・挑戦」することもあるし、
「現状維持」することもありますね。

だから、自分を受け入れるということが、イコール あきらめることや
問題をなぁなぁにすることにはなりません♪

自分を受け入れるということは、
「変化」も「現状維持」も
あらゆる選択を愛情からできるようになるってことなんです^^

 

経験上、自己愛から選んだものは「変化」だろうと「維持」だろうと最も良い選択になります。
逆に自己否定から選んだものは何であれ苦しいです。

 

なので最も大事なのは
「自己愛」ですっ♪

 

まずは、良い自分か悪い自分か、
成長してるかしてないかという白黒思考から、

自分を大切にしているか、
自分を尊重しているか、
いたわり思考で考えてみませんか。

 

まず、悩んでいることに対して
「自己愛が高かったらどうするだろう?」と
問いかけてみます。

出てきた答えに対して、次は
自分に許しているだろうか
とぜひ確かめてみてください。

休むこと、NOということ、助けを求めること、
挑戦すること、楽しむこと、自分を表現することなど、いろいろあるでしょう。

それを自分に許しているかどうか、
もし答えがNOなら、なぜNOなのかを
自分に問いかけていきましょう。


ハートの声と違う時


ハートの声と葛藤してしまうということもありますよね。
「(体に負担があるのに)ダイエットできない」
「新しい仕事をしたいのに不安」
というように。

・やりたいのにできない(新しい挑戦など)
・やめたいのにやめられない(中毒症状など)
・やるべきなのにやりたくない(確定申告などの決まり事など)

などなど。

そんな時こそセラピーの出番です!

体が本当に望むことや、
自分が一番必要なことをやらせてあげられないということは
必ず何かブロックがあるはずですから♪

 

良いか悪いかの白黒思考から、
自分を大切にしているかどうかのいたわり思考へ

愛のない「変化・維持」から
愛のある「変化・維持」へ

シフトしていきましょう♪

個人セッションのお申し込みはこちら

怠け者さん[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row]