もっともっと修行を積まないとセラピストにはなれない?

もっともっと修行を積まないとセラピストにはなれない?

最近セラピストになりたい!という方から
こんなご相談を受けることがよくあります。

「セラピストになりたいけど…」
・もっと修行を積んでからじゃないと….
・この知識をしっかりと落とし込んでからじゃないと…
・この資格を取ってからじゃないと…
ダメですよね….

私もそう思ってたなぁ….φ( ̄ー ̄ )しみじみ。
大切な心を扱うから、不安なのも当然ですよね。

でも、お話を聞いていると
その方がセラピーにかける情熱や
ハートの声を語っている時には目が輝いて、
エネルギーがすっと通って
癒しのパワーが全開なんですよ。

そして、「やっぱりまだまだ私なんて…修行しないとですよね…」と言った途端、
またエネルギーが曇る。。

なんともったいないのだろう。。。´д`

 

私がセッションを重ねてきて見えてきたことは、
人は、資格とか正しいセラピーのやり方で癒されてるわけじゃないってことです。

それよりも、
ハートの中心から、
これを伝えたい、
これが嬉しい、楽しいという、
そんなまっすぐなエネルギーが一番パワフルだということ
心底実感してきました。

 

かつて私も、
カウンセリングを「正しく」やろうとしていましたが、
そういう時はセッションを数百回やっても、
正しくできた感は得られなかった。。
正しくやりたいのは、「正しくない」という思いがありますからね。

ありのままでやろうという思いに変わった時から
セッションが何か、別のものに変わったんです。

手順や知識にこだわらず、
自由なスタイルに変わったら
驚くほどクライアントさんも変わるようになりました。

 

もちろん、
大切な心を扱うのだから
知識やスキルは当然必要だと思います。

 

だけど
苦労して苦労して積み上げたものは
認めてもらいたい、わかってもらいたい、
これが正しいんだ!というエネルギーに変わり、
重いものになってしまうんです。

 

私たちはエネルギーに共鳴しています。
重たい修行エネルギーには、やっぱり癒されないよね( ´ ▽ ` )ノ

 

それが見えた時、
もう苦労するのはやーめたって思いました(笑)
「楽にスムーズに」、これが癒しの秘訣です。

 

実際、
友達と話をしているだけで癒されたことも何度もあるし、
ペットや、道端で咲いている花に、
心を動かされたことも何度もありますよね。

その瞬間は、ありのまま、愛そのものという
本来のエネルギーに近いからなんです。

そして、
セラピストをやるには
そのありのままの自然なエネルギーが一番大事ですよ。

もし、十分学んできて、
癒しが好きで、
そしてセラピーをやりたいなら、
そのまんまのあなた
スタートしましょうよ。

 

完璧な状態になってからスタートしようと思うなら、
そのゴールはずっとやって来ません。

やりながら、より良いものに変えていけば良いですよ。

 

そしてもう1つーーー
突然、宇宙について語りますけどね笑 😯
大事だから付け加えます。

2011年から2018年の7年は
改革を意味する天王星が個性を表す牡羊座にありました。

つまりそのエネルギーは「自己改革」
だからこの数年間、自分を見つめ、
癒してきたという人が多かったでしょう。

2011年界隈から、人生観が変わった人は多いですよね。

 

そして、7年たって天王星はこの5月で牡牛座に移りました。
これからは本当の自分の価値というものを
積み上げていく7年に変わりますよ。
(それについてはまた詳しく書きたいと思います)

時代の流れは
自分を見つめて癒していくことから、
自分を築く方向へシフトしました。

 

そういう点で、
今まで自分を見つめてきた人は
何かしら次のステップなのだと思う。
(もちろん個人差あるにしても)

今は、時代が変わって、
エネルギーが変わって
本当に夢が叶いやすい。

だから今やらなくていつやるんだろう?と思うんですよね。

5年後はまた時代が全然違いますよ。
過去の5年と次の5年では全く違う速度で加速していくから。

 

もちろん、不安を無視して
焦って始めて欲しくはないです。
自分を傷つけちゃうもんね。
それこそ「修行・苦行エネルギー」ですもの( ´ ▽ ` )ノ

 

なので、大切なのは
無理にスタートすることでもなく、
変にあきらめるのでもなく、
「自分を大事にする」こと。

 

いつでも、自分を尊重する道が何かを探して欲しい。

もしかしたら、セラピストになるよりも、
学び続けるかもしれないし、
セラピストをやめるかもしれない。

もしかしたら、今この瞬間から
セラピストをスタートするかもしれない。

どちらにしても
「自分を大切にする」延長で、選んだ道はいつでも
一番ハッピーな形になるでしょう💕

 

 

* お知らせ *
7/28 目醒めのための星読み講座 あなたの魂のブループリント、そして 上記のような宇宙のエネルギーの流れを読むことができます。
7/29 目醒めのためのワーク講座 心の仕組み、ハートにフォーカスしたワークのやり方

セラピストになりたい方へ ご要望いただき、マンツーマンのレッスンを始めました。セッションのやり方、ペアワーク、OJTもやります。
ペアワークをする関係であと1〜2名募集しております。
ご興味がある方お声がけくださいませ♪詳細をお送りします。

ワークをしても感覚がずっと残ってしまうーなぜですか?

「セルフワークをしていても、
ずっと感覚が残ってしまう。。なぜですか?」

「セラピーで随分楽にはなったけど、
なんか人生がハッピーではない。。。どうして?」

そんなご質問をいただくことがあります。

ワークを重ねてもネガティブな感覚が残ってしまう時、
考えられる理由は幾つかあるのですが
今日は特に大事な理由を1つご紹介したいと思います♪

 


感覚がずっと残っている時ー
それはハートからのメッセージかも


例えば、
自分のことを能力がない人間だとか
無力な人間だと思い込んでいて、
ずっと挑戦しないで生きてきたとしましょう。

すると「外に出たい」「自分を表現したい」という
ハートの衝動は一層高まってきます。

外に出たいよ!
自由にしてよ!
って感じで。

私たちが間違ったペルソナを着て、
自分のハートを無視した生き方をしている時
何かがおかしいという違和感が起きます。

セラピーによって和らぐのは
ショックやトラウマのエネルギーのみ。
ハートの情熱が消えることはありません⭐︎

だから、下手すると(?) 癒されれば癒されるほど、
現状への違和感が高まる場合だってあるんです。

ハートは
もっと自分が輝ける場所を求めているかもしれないし、
もっと自分を表現したいかもしれません。

ハートが望むことを
自分に許していない時には
違和感はアラートとなって続きます。

 

クライアントのAさんもまさにそんな例でした。
Aさんは、本当はプロの講師として活動していきたいと思っていましたが
サポート役だけをずっとやってきたのです。

自分は能力がないと思い込んでいて、
雑用くらいしかできないと決めつけていたのですね。
表舞台に出るにはふさわしくないと
自分を押し込んでいたのです。

でもハートは心底、「挑戦したい!」と叫んでいました。

そんな時、ハートを無視していたら
仕事に対する不満は高まるでしょう。

ハートの声に気付いたAさんは、
新たな一歩を踏み出し、最終的には独立されました⭐︎

 

そういうわけで、
私たちには
癒すべき感情と、
耳を傾けるべき感情があります。

 

癒すべき感情
傷ついた心の痛みです。

心の痛みは共感しいたわることが大切。
それはセラピーが助けになるでしょう。

 

耳を傾けるべき感情
ハートを無視している時の痛みや
自分らしさを抑えている時の痛みです。

それはセラピーによって解消するべき感情ではなく、
答えるべき感情だと思うのです。
自分らしさを尊重する必要があるし、
一歩踏み出すことが大きな癒しになります。

 

十分にセラピーをしても何か感覚が残っているなら、
それは「耳を傾けるべき痛み」なのかもしれません。

ハートはあなたに大切なメッセージを伝えているのかもしれませんよ⭐︎

「自分を生きて欲しい」、
「私を自由にして!」、
ってね。

その声に応えて、
「自分を尊重する!」と決断すると、
その瞬間から残っていた感覚は吹き飛んでしまいます。

本当の声に気付いたら、
前よりももっと充実した感覚で
日々を過ごせるようになっていきますよ♪

 

〜 お知らせ 〜

セラピスト・個人事業主 起業支援を始めます♪

・セラピストとしてやっていきたい
・自分の作品を発信したい
・自分の世界観を伝えたい
そんな夢を叶えませんか。

ブランディングからサイト作成まで完成する
スペシャルなコースを開催します。

楽しく笑いながら、仲間達と一緒にスタートしましょう♪

各回残席1名です
セラピスト起業塾 http://www.heart-branding.design/

 

ありのままをOKに

ありのままの自分を許したら成長しなくなりませんか?

[vc_row][vc_column width=”1/6″][/vc_column][vc_column width=”5/6″][vc_column_text]「ありのままの自分をOKにしたら、ダメな状態で甘んじるんじゃないかって思うんです。

そうなると成長しなくなったり、わがままになったりしませんか?」

そんなご質問をいただくことがよくあります。

例えば、
「太ってる私でOKだったらどんどん太っちゃいませんか?」
「
お金の不安がなくなったらどんどんお金を使っちゃいませんか?
」
「だらしない私でOKだったら家事とか掃除しなくなりませんか?」
などなど。

 

そんな時にオススメなのが、
自己愛が高かったらどうするだろう
と問いかけてみること。

今悩んでいるテーマに対して、
もし自己愛が高かったら自分はどう行動するのか?
それを想像してみると分かりやすくなります。

 

例えば、
健康を害するほど体重オーバーしていたらどうでしょう?
自己愛が高ければ
健康な食事をしたり、
ダイエットをするでしょうね。
自分が大切だからこそ、愛ある「挑戦」を選びます。

 

また、自己肯定感が高ければ
痩せてるかどうかより、心地いい体重を大事にすることもあるでしょう。
自分が大切だからこそ、愛ある「現状維持」を選びます。

 

ところで、私たちの行動をざっくりと分けたら、
この「現状維持(ありのままの尊重)」か「変化(行動や挑戦)」の2パターンです。

 

愛情から「変化」を選ぶときは、
問題に真摯に向き合い、
前向きに課題に取り組んだり、
工夫したりして乗り切ります。

逆に、
愛情から「現状維持」を選ぶ時は、
そこには自分に対する自信や、
優しさ、いたわりがあるんですね。

今日は部屋が汚いけど、
自分の体を休ませてあげよう!という感じで。

 

愛情から「変化」か「現状維持」を選ぶときはとっても楽です。
しかもパワフルで物事が前進していきます。

 

で、逆に「自己愛が低かったらどうするのか?」も考えてみますね。

実は、自己否定がベースだからこそ
愛のない「現状維持」を選ぶこともあります。

例えば、本当はアルコール依存の問題があるのにうやむやにしてしまったり、
DVなど不幸な関係を続けてしまうということもあるでしょう。
自己卑下からやりたいことを挑戦しないということもありますね。
愛のないあきらめは、「どうせー」とか「面倒臭い」といった言葉がくっつき、
結局のところ執着でいっぱいです。

否定感があるから成長できるとは限らず、
むしろ「現状維持」を選ぶことだってたくさんあるんです。
(私はそうでした^^)

 

一方で、自己否定から愛のない「変化(行動)」を選ぶこともありますよね。
本当は体が限界なのに、掃除するべき!人の役に立つべき!とムチうったり、
自分がダメ人間だからと試験や資格に追い立てたり。
失敗した時の自分責めも辛いものがあります。
(私はそうでした2^^)

愛のある「変化」は楽ですが、
愛のない「変化」は辛いです。

 

こうやってみてみると、
自己受容が高くても低くても
「変化・挑戦」することもあるし、
「現状維持」することもありますね。

だから、自分を受け入れるということが、イコール あきらめることや
問題をなぁなぁにすることにはなりません♪

自分を受け入れるということは、
「変化」も「現状維持」も
あらゆる選択を愛情からできるようになるってことなんです^^

 

経験上、自己愛から選んだものは「変化」だろうと「維持」だろうと最も良い選択になります。
逆に自己否定から選んだものは何であれ苦しいです。

 

なので最も大事なのは
「自己愛」ですっ♪

 

まずは、良い自分か悪い自分か、
成長してるかしてないかという白黒思考から、

自分を大切にしているか、
自分を尊重しているか、
いたわり思考で考えてみませんか。

 

まず、悩んでいることに対して
「自己愛が高かったらどうするだろう?」と
問いかけてみます。

出てきた答えに対して、次は
自分に許しているだろうか
とぜひ確かめてみてください。

休むこと、NOということ、助けを求めること、
挑戦すること、楽しむこと、自分を表現することなど、いろいろあるでしょう。

それを自分に許しているかどうか、
もし答えがNOなら、なぜNOなのかを
自分に問いかけていきましょう。


ハートの声と違う時


ハートの声と葛藤してしまうということもありますよね。
「(体に負担があるのに)ダイエットできない」
「新しい仕事をしたいのに不安」
というように。

・やりたいのにできない(新しい挑戦など)
・やめたいのにやめられない(中毒症状など)
・やるべきなのにやりたくない(確定申告などの決まり事など)

などなど。

そんな時こそセラピーの出番です!

体が本当に望むことや、
自分が一番必要なことをやらせてあげられないということは
必ず何かブロックがあるはずですから♪

 

良いか悪いかの白黒思考から、
自分を大切にしているかどうかのいたわり思考へ

愛のない「変化・維持」から
愛のある「変化・維持」へ

シフトしていきましょう♪

個人セッションのお申し込みはこちら

怠け者さん[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row]