ALL

やりたいことがどんどん叶う:102点理論

かつて私は、パニックアタック、ADHD、慢性疲労があり、
仕事もこなせず、何も達成できず、
どうやって生きたらいいのか悩んでいる時期もありました。

そんな時、「ある思考法」をベースに生きはじめると
次々にいろんなことができるようになったんです。

その「ある思考法」をまとめたものが 「102点理論」 です。

誰でもやりたいことが無理なく達成でき、
問題や課題を着実に解決出来るようになります。

どうやるの?

102点理論は、「昨日の私」を100点満点にして、

ほんの少しだけ前進するという思考法です。

「今の私が100点だよ。」

「よくやってる。」という視点で受容し、
大切な自分のために今自然にできる2点分だけ前進していきます。

例えば

私はランニングが好きですが、
友人からよく、「走りたいけどなかなか始められない」
「やりたいんだけど辛そうだしー」と言われるんですね。

そういう人に
はまず、
「絶対走らなくて良い!と決めて
靴を履くところまでやってみて♪」と言っています。

「普段走っていない今」が100点満点だとすると、
靴を履くということは、110点くらいの負担だからです(笑)
だから靴を履いたらもう目標達成!笑 すごい!

でも靴を履いたら最後、走らない人はほとんどいません。
靴を履くというほんの2点の前進をこなすと、
今後は最初の1歩を踏み出すことがほんの2点になっていて、
すんなり走り出すことができるんです。

で、靴を履くのが150点くらいの負担に感じる人は、
可愛いシューズを選ぶところからやってみると良いと思います♪

そうやって助走している間にスイッチが入り、
新たな2点が加わっていくんです。

「今の自分」、「今できていること」がもう既に100点満点。素晴らしい。
その大前提で、ミニマムにできることを重ねていく。

これはランニングに限らず、あらゆることに共通します。

100点スタートのスモールステップを重ねていくと、気がつくといつの間にか
ビックステップをこなしてしまうんですね。
かつて「200点」だったことが楽々こなせるようになっています。

I am OK」が大事

100点スタートでステップをこなしていくのと、
赤点30点でステップをこなしていくのは、同じことでも結果が全然違います!!

ちなみに…かつて何も達成できなかった私ですが、
どちらかというと向上心が強く、
興味の持ったことはなんでも挑戦する人でした。

なのになーんにも達成できないんだこれが笑

なぜかというと「赤点30点の自己評価」だったからなんです。

「32点」だと辛い・続かない

ここらで、赤点30点のときの弊害を考えてみますね。

自己評価30点ベースだと
まず理想の100点になるために
いきなりビックステップを課してしまうことがあります。

例えば、

太った私大嫌い!
絶対毎日10キロ走る!
もう二度とご飯食べない! ←無理(笑)

というように。

「30点の私」が「100点の私」になるために、
いきなり「70点以上の負担」を強いるようになります。
負担が大きく、ルールが重なれば重なるほどつらいです。

・朝5時に
・1キロ5分で
・毎日5キロ
・ノンストップで走りきる。

など。
あーもうやりたくない(笑)

でも、自己否定ベースに高い目標を掲げれば掲げるほどギャップは大きくなり、
負担感は大きくなります。

弊害②「私ってダメなんだ」が口癖
赤点30点の人は早く70点以上をこなさないと落第。だから焦っています。
そのために、ほんの3日間やったくらいで突然プロ歴10年の人と比較して、「自分は才能ないんだ」とか結論づけちゃう…それは私のことですが(笑)。。。

32点だと、焦りと不安から適切な判断ができなくなることもしばしば。
そもそも、既にできている人は、2点分を既に繰り返した結果であり、
プロの人は、2点分を死ぬほど繰り返した結果です。

もう既にできてる人にとってはそれは楽チンなこと。0点負担。
でも「今日の私」がそれをこなすのは10点の負担!!
それってすごいでしょ!

実際、歩くってすごいことですよね。足があるってだけでも、自分で好きなところへいけるってことだけでも。そこには既に100点がいっぱいあって。
プラス、かわいいシューズを買って、走り出すなら、どんどん100点が積み重なっていく。

32点スタイルの人は、今ここにない完璧像に取り憑かれてる。
だから苦しい。
でも、102点スタイルの人は、「今」の進化を楽しんでる。
だから心がふかふかしてて、喜びでいっぱい。

まとめ

今日の私が100点。

無理なく、負担なくできる第一歩を自分にやらせてあげよう。

一歩踏み出したら102点をお祝いしましょう。

それがたとえ、靴を履くという小さな一歩でも^^